角換わり棒銀


棒銀の成功例

まずは、典型的な棒銀の成功例を紹介する。
後手は6三銀と単純に腰掛け銀にしたのがまずかった。
棒銀は、端から仕掛ける。
▲1五銀がポイントで、結果図は、先手がよい。
そこで、後手は、早繰り銀で対抗するようになった。
それは次項で紹介しよう。


後手早繰り銀VS青野構想

ここでは、先手棒銀に対し、後手が早繰り銀で対抗する形を見ていく。
△3三金で先手が困ったようにみえるが、▲2五飛と途中下車して、
あえて銀を打たせる青野の構想が素晴らしく、早繰り銀は
有効な対抗策とはならないかに思えた。
しかし、そこに、小野新手が現れる。
次項では小野新手を見ていく。

青野構想の参考棋譜はこちらこちら


小野修新手!

では、小野新手を見てみよう。
小野の工夫は△2四銀ではなく、△2四歩である。
2筋に飛車を回って逆襲しようという手だが、これが平凡ながら
好手で、先手棒銀は修正手順を迫られることになる。
どうやら、さかのぼって、先手が▲2四歩と仕掛けた順がまずかったようだ。
そこで、次項では、田中寅の新構想を見ることにする。

小野修新手!について参考棋譜はこちら


田中寅の新構想

小野修の新手により、先手棒銀が困ったかに見えたが、
田中寅が新構想を披露する。
それは、いったん、▲6八玉としてから仕掛ける手順であった。
そして、銀を交換してから飛車を中央に展開する。
この斬新な構想で、田中はずいぶん勝ち星を稼いだ。
では、この田中新構想に対する最善の対抗策はないのか?
次項では、それについて検証することとしよう。

田中寅新構想の参考棋譜はこちらこちら


消える▲6八玉

では、田中新構想に対する後手の対策を見る。
それは、△2二銀と、銀交換を拒否する手であった。
その手自体は、従来より存在する手ではあったが、
消極的であるとして、あまり評価されて来なかった。
しかしながら、本譜の手順で示されたとおり、
後手に銀交換を拒否されると、先手が困ることがわかった。
その後、様々な研究がなされたが、先手棒銀が良くなる手順は見つからず、
田中寅新構想▲6八玉は指されなくなっていった。
ちなみに、田中寅新構想を打ち破る本譜の手順は、田中寅自身のものである。
次項では、後手早繰り銀のもうひとつの構えと先手棒銀の戦いを検証する。

消える▲6八玉の参考棋譜はこちら


後手△7三銀~△1四銀型VS棒銀

後手早繰り銀のもうひとつの構えと先手棒銀の戦いを検証する。
後手の△7三銀~△1四歩の形が先手棒銀にとって難物であると
されている。
もっとも、本譜に示されたとおり、難解ではあるものの、先手棒銀に対する
決定打とはなっていない。
しかしながら、どうも棒銀の勝率が思わしくないようで、先手棒銀は苦労が多く、
先手が好んで選ぶ戦型ではないと考えられているようだ。
先手棒銀が廃れていった背景にはそのような事情がある。

参考棋譜はこちら