米長流急戦矢倉


米長流急戦矢倉の狙い

まず、米長流急戦矢倉のシンプルな成功例を紹介する。
単騎の桂跳ねの仕掛けがポイントで、その破壊力の凄まじさから
大流行するが、後に羽生五段(当時)が対抗策を発見し、
単騎桂跳ね型の米長流急戦矢倉は改良を迫られることになる。

参考棋譜はこちらこちら


羽生の対策

羽生五段(当時)の対抗策は、△7五歩のタイミングで反撃に出る
指し方で、これで、単騎桂跳ね型の米長流急戦矢倉は姿を消すことになる。
しかし、米長は改良を加え、米長流急戦矢倉は再び大流行することになる。
次項で、改良版の米長流急戦矢倉を見ていくことにしよう。

羽生五段(当時)の参考棋譜はこちら


改良版・米長流急戦矢倉

羽生五段(当時)の対抗策に見られるように、単騎桂跳ね型の米長流急戦矢倉は、
先手に強く応じられると、上手くいかないことがわかった。そこで改良版が登場した。
それが△6三銀~△4四銀とする布陣である。

この形は、飛角銀桂で5筋、6筋を攻めるもので、初期の単騎桂跳ね型に比べ、
破壊力が増している。

この改良版米長流急戦矢倉で米長は十段位を防衛したため、米長流急戦矢倉は
再び脚光を浴び、攻めが好きな棋士の間で流行することになった。
次項では改良版・米長流急戦矢倉に対する先手の対策を見ていく。

参考棋譜はこちら


先手▲4七銀型の登場

改良版・米長流急戦矢倉は大いに先手を困らせた。
そこで、先手は、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、
がっちり受ける方針をとる指し方が現れた。

このように先手に備えられると、急戦で一気に潰すのはさすがに無理であるとして、
後手もじっくり組み合うことになる。
そして、昔良く指された先後同型矢倉に進むことになるが、
この形は難解で、決定打とはならなかった。
そこで、クローズアップされてくるのが▲3七銀型である。
次項では、▲3七銀型による対抗策を見ていくことにする。


▲3七銀~▲1五角による対抗策

改良版・米長流急戦矢倉に対し、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、
先後同型矢倉に持ち込むことは先手が面白くないことがわかった。
そこで、クローズアップされたのが、▲3七銀~▲1五角による対抗策である。

どうも、これで先手指せるということが判明し、米長流急戦矢倉は徐々に
指されなくなっていった。現在では、後手がウソ矢倉を志向したときに、それを咎める
策として、先手が用いる程度である。

参考棋譜はこちら