横歩取り△4五角戦法


横歩取り△4五角戦法の名局

本譜は、横歩取り△4五角戦法における谷川の名局である。
横歩取り△4五角戦法の歴史は古く、従来は、後手が悪いとされていたのだが、
本譜に示したように、谷川新手△8七銀により、にわかにクローズアップされることになった。
なお、本譜では、△4五角に対し、すぐに▲7七角と打っているが、後の研究で、
すぐに▲7七角ではなく、▲2四飛とするのが良いと判明した。
次項では、その点につき、検証することとしよう。


▲2四飛に対する△6七角成りの成否

ところで、▲2四飛に△6七角成りは成立するのだろうか?
気になる変化であるので、ここで検討しておこう。
結論から言えば、この変化は先手が勝つ。
具体的な手順は、上に示したとおりだが、手順中▲5八金寄が
粘り強い好手で、続く▲9六角で、後手は攻めが続かない。
したがって、▲2四飛には△2三歩が最善ということになった。


△2三歩▲7七角の変化の歴史

▲2四飛に△6七角成りは後手が勝てない。
そこで、1回は△2三歩と止める。
ここで先手は飛車を逃げずに▲7七角。
派手な応酬となるが、どうも馬を引かれると
後手がまずいようだ。
よって、▲1一角成りに対しては、△3三桂と跳ねて、
馬を引かせない手が最善ということになった。

参考棋譜はこちら


谷川新手△6六銀の行方

さて、▲1一角成りに対しては、△3三桂と跳ねるのが最善であると
先ほど述べた。それに対しては、▲3六香で先手が良いのではないか?
と言われていたのだが、谷川新手が現れる。それが△6六銀だ。
この手で、後手が盛り返したかのように見えたのだが、その後研究が進み、
本譜の手順で、先手が良いというのが現時点での結論のようである。
なお、念のため、▲3六香を△同角と食いちぎる手はどうなのか、
次項で少し検討を加えてみることにする。

谷川新手△6六銀の参考棋譜はこちらこちら


▲3六香△3六同角の成否

▲3六香を△同角と食いちぎる手について検討を加えてみよう。
△5四香はおそろしい狙いを秘めた手であるが、▲8五飛が冷静で、
以下、本譜の手順で、先手が勝つ。
どうやら、▲3六香に△同角とするのは後手無理筋のようである。
もっとも、後手も△3六同角ではなく、△8七銀という手もありうるので、
次項で少し検討を加えてみよう。


後手の秘手△8七銀の成否

では、▲3六香に△同角ではなく、△8七銀という手も
ここで検討してみよう。
△8七銀を▲同金と取れば、△7九飛の打ち込みが厳しいので、
金は引くしかない。以下、駒の取り合いとなるが、本譜の
▲4八玉の早逃げが好手で、先手の一手勝ちとなる。
以上、△4五角に対し、▲2四飛と回ってから、▲7七角とすれば
先手良しという結論になり、この形は見なくなった。