▲2九飛戦法


▲2九飛戦法のコンセプト


まず、▲2九飛戦法のコンセプトから説明しよう。

前述のとおり、スズメ刺しで殺到する手順はうまくいかないことが判明した。
特に、棒銀で対抗されたときにスズメ刺しは成功しない。

そこで考案されたのがスズメ刺しの構えを取りながら、
相手が棒銀できたときに一つ2九に飛車を引く指し方である。

この戦法の考え方を桐谷六段は「チョキ(スズメ刺し)でいこうと思ったら、相手がグー(棒銀)できたので、パー(▲2九飛)でいこうとする戦法」と例えている。

本譜では、単純なスズメ刺しと比べ、右銀が働いている点が大きい。


棒銀に対する▲2九飛戦法の指し方


本局が棒銀に対する、▲2九飛戦法の指し方である。
▲5九飛から中央を攻める構想で、米長が快勝している。

全棋譜についてはこちら


加藤新手△4二角



本譜△4二角が▲2九飛戦法の対抗策として編み出された加藤新手である。
この手の意味は、▲6五歩のあたりをあらかじめ、避けたものである。

単純なようだが、これで、意外に先手の指手が難しいのだ。
▲6五歩は空振りになるため、▲4六歩から動いていくが、後手に十分に組まれてしまった。

▲2九飛戦法は、本譜のように後手に待たれると、あまり面白くない展開になることがわかってきた。先手でありながら、カウンターを狙うというのは、構想としてはやや疑問であろう。なぜなら、後手番としては、千日手は歓迎だからである。

もっとも、△4二角が決定打となっているわけではない。
しかしながら、時代の流れは、は飛車先不突き矢倉に移っていき、
それに伴い、▲2九飛戦法は次第に指されなくなっていったのである。

参考棋譜はこちら