谷川新手△6六銀の行方

スポンサードリンク

さて、▲1一角成りに対しては、△3三桂と跳ねるのが最善であると
先ほど述べた。それに対しては、▲3六香で先手が良いのではないか?
と言われていたのだが、谷川新手が現れる。それが△6六銀だ。
この手で、後手が盛り返したかのように見えたのだが、その後研究が進み、
本譜の手順で、先手が良いというのが現時点での結論のようである。
なお、念のため、▲3六香を△同角と食いちぎる手はどうなのか、
次項で少し検討を加えてみることにする。

谷川新手△6六銀の参考棋譜はこちらこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 後手の秘手△8七銀の成否
    では、▲3六香に△同角ではなく、△8七銀という手も ここで検討してみよう。 △...
  2. ▲3六香△3六同角の成否
    ▲3六香を△同角と食いちぎる手について検討を加えてみよう。 △5四香はおそろし...
  3. 谷川新手△6六銀の行方
    さて、▲1一角成りに対しては、△3三桂と跳ねるのが最善であると 先ほど述べた。...
  4. △2三歩▲7七角の変化の歴史
    ▲2四飛に△6七角成りは後手が勝てない。 そこで、1回は△2三歩と止める。 こ...
  5. ▲2四飛に対する△6七角成りの成否
    ところで、▲2四飛に△6七角成りは成立するのだろうか? 気になる変化であるので...
  6. 横歩取り△4五角戦法の名局
    本譜は、横歩取り△4五角戦法における谷川の名局である。 横歩取り△4五角戦法の...