筋違い角・向かい飛車型

スポンサードリンク

本譜は、筋違い角を右に引く指し方である。
先手は、向かい飛車にして、8筋から逆襲を図る狙い。
しかしながら、本譜のように先手の生角をいじめる方針で指せば、
後手十分になる。
筋違い角は、奥が深く、向かい飛車にするだけではない。
しかしながら、やはり勝ちにくさは否めず、奇襲戦法の色合いが濃い。
現代では、振り飛車封じに筋違い角を打つことがあり、
また、武市三郎六段のように、この戦法を得意とする棋士もいることから、
絶滅したというのは言い過ぎであるかもしれないが、大多数のプロの認識からは、
先手が好んで指す戦法ではないと考えられているようだ。

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 筋違い角・向かい飛車型
    本譜は、筋違い角を右に引く指し方である。 先手は、向かい飛車にして、8筋から逆...
  2. 筋違い角の狙い・棒銀型
    筋違い角はその名の通り、本来の筋とはちがう筋に角を打つ戦法である。 一歩得が約...