藤井システムの登場

スポンサードリンク

左美濃(天守閣美濃)は一時期猛威を振るった。
なぜなら、居飛車は互角にさばき合えば、振り飛車側の美濃囲いよりも
遠く、寄せ合いに威力を発揮するからである。
もっとも、左美濃に弱点がないわけではなかった。それは玉頭である。

中終盤では、玉頭を狙うのが振り飛車側の手筋として認知はされていたが、
その構想を序盤から体系立てて整備したのが藤井六段(当時)である。
藤井の構想は、玉を7一のままで序盤から玉頭を狙っていく。
玉頭戦を仕掛けていくので、玉は入城せず、7一にいる方がかえって安全なのだ。

藤井の一連の構想は、「藤井システム」と呼ばれ、左美濃は激減することとなった。

参考棋譜はこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する