矢倉中飛車の復活

スポンサードリンク

矢倉5手目▲7七銀はなぜ消えたのか。
結論から言えば、後手に無用な変化の余地を与え、
先手としてはつまらないからである。
その一例として、矢倉中飛車が有効に成立する余地があることが挙げられる。
本譜手順を参照されたい。
参考棋譜はこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 後手の高等戦術
    矢倉5手目▲7七銀が消えた理由として、 後手に無用な変化の余地を与えるからであ...
  2. 矢倉中飛車の復活
    矢倉5手目▲7七銀はなぜ消えたのか。 結論から言えば、後手に無用な変化の余地を...