△6二飛戦法の成功例

スポンサードリンク

上掲の手順は、初期の△6二飛戦法のものである。
初期△6二飛戦法の典型的成功例を示した。

この戦法は、飛車先不突き矢倉への対抗策として流行した。
しかしながら、手順中、3筋の歩を交換する構想は後手陣への影響が少なく、
ややぬるいのではないか、とかんがえられるようになった。
そこで、△6四歩と、△6二飛戦法の雰囲気が出たら、
▲2六歩と飛車先の歩を突く将棋が増えていった。
次項で、初期の△6二飛戦法を咎める指し方を紹介する。

参考棋譜はこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. さらなる過激な手順の成否
    森下の対抗策により、△6二飛戦法は新たな攻め筋を 考案する必要に迫られた。 そ...
  2. 塚田新手に対する森下の対策
    塚田新手に対する森下の対抗策を見てみよう。 森下はじっと固めてカウンターを狙う...
  3. 驚愕!塚田新構想
    塚田八段(当時)の驚愕の新構想は△4四角である。 二枚換えを許す上、飛車まで成...
  4. 初期△6二飛戦法への対策
    初期の△6二飛戦法に対しては、じっと固めてカウンターを狙う 構想が広まった。 ...
  5. △6二飛戦法の成功例
    上掲の手順は、初期の△6二飛戦法のものである。 初期△6二飛戦法の典型的成功例...