消えゆく中原流急戦矢倉

スポンサードリンク

中原流急戦矢倉は、一時期、猛威を振るったが、次第に対策が研究されていく。
そのひとつが、駒損を厭わず、強く戦うという指し方で、後手は、どうしても、玉の薄さを
突かれる展開になり、次第に勝ちにくい戦法となってしまった。
その後、後手側も早く仕掛けるなど、工夫するも、やはり、玉の囲いの薄さは否めず、
やがて、指されなくなっていった。

参考棋譜はこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. 消えゆく中原流急戦矢倉
    中原流急戦矢倉は、一時期、猛威を振るったが、次第に対策が研究されていく。 その...
  2. 中原流急戦矢倉の成功例
    まずは、中原流急戦矢倉の成功例から見ていく。 この戦法は、玉の囲いが薄くなるこ...