▲3七銀~▲1五角による対抗策

スポンサードリンク

改良版・米長流急戦矢倉に対し、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、
先後同型矢倉に持ち込むことは先手が面白くないことがわかった。
そこで、クローズアップされたのが、▲3七銀~▲1五角による対抗策である。

どうも、これで先手指せるということが判明し、米長流急戦矢倉は徐々に
指されなくなっていった。現在では、後手がウソ矢倉を志向したときに、それを咎める
策として、先手が用いる程度である。

参考棋譜はこちら

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. ▲3七銀~▲1五角による対抗策
    改良版・米長流急戦矢倉に対し、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、 先後同型矢倉に持...
  2. 先手▲4七銀型の登場
    改良版・米長流急戦矢倉は大いに先手を困らせた。 そこで、先手は、▲4六歩~▲4...
  3. 改良版・米長流急戦矢倉
    羽生五段(当時)の対抗策に見られるように、単騎桂跳ね型の米長流急戦矢倉は、 先...
  4. 羽生の対策
    羽生五段(当時)の対抗策は、△7五歩のタイミングで反撃に出る 指し方で、これで...
  5. 米長流急戦矢倉の狙い
    まず、米長流急戦矢倉のシンプルな成功例を紹介する。 単騎の桂跳ねの仕掛けがポイ...