先手▲4七銀型の登場

スポンサードリンク

改良版・米長流急戦矢倉は大いに先手を困らせた。
そこで、先手は、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、
がっちり受ける方針をとる指し方が現れた。

このように先手に備えられると、急戦で一気に潰すのはさすがに無理であるとして、
後手もじっくり組み合うことになる。
そして、昔良く指された先後同型矢倉に進むことになるが、
この形は難解で、決定打とはならなかった。
そこで、クローズアップされてくるのが▲3七銀型である。
次項では、▲3七銀型による対抗策を見ていくことにする。

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
関連記事
  1. ▲3七銀~▲1五角による対抗策
    改良版・米長流急戦矢倉に対し、▲4六歩~▲4七銀型の布陣で、 先後同型矢倉に持...
  2. 先手▲4七銀型の登場
    改良版・米長流急戦矢倉は大いに先手を困らせた。 そこで、先手は、▲4六歩~▲4...
  3. 改良版・米長流急戦矢倉
    羽生五段(当時)の対抗策に見られるように、単騎桂跳ね型の米長流急戦矢倉は、 先...
  4. 羽生の対策
    羽生五段(当時)の対抗策は、△7五歩のタイミングで反撃に出る 指し方で、これで...
  5. 米長流急戦矢倉の狙い
    まず、米長流急戦矢倉のシンプルな成功例を紹介する。 単騎の桂跳ねの仕掛けがポイ...